企業アピールの動画制作をすることになったとしましょう。企業の看板商品を一緒にアピールしたいから商品の説明をしたい、企業の良さも入れたい、と伝えたい情報はたくさんあるかと思います。しかし、その情報をちゃんと伝わるように作れるかどうかが難しいのです。
もし10分の動画を作ったとして、その動画を見てくれた人が欲しかった情報はたったの1分しかなったとしたらどうですか。残りの9分は退屈な時間です。視聴者はガッカリするばかりか、その企業に対してもあまりいい印象を抱いてくれないでしょう。もしかしたらコメント欄に文句を書き込まれるかもしれません。評価を下げられるかもしれません。
結局伝えたいことが1分しか入っていなかったというのは制作側の自己満足だったということです。視聴者の目線になれていなくて、失敗したのです。ただの面白くない動画として埋もれてしまうだけならまだいいのですが、その動画が企業のイメージダウンに繋がってしまうかもしれません。

動画というものはたくさんのものがネット上に溢れていますが、面白いものにはそれなりの理由があり奥が深いのです。動画制作経験もない人たちが作ろうとするより、動画プロモーションなどの動画制作のプロに依頼するほうが失敗する可能性も低く、結局いい結果にたどり着くことになると思います。